広友イノテックスのドローン・オペレーティング・サービス

ITサービス企業が提供する、安心・安全なドローンのレンタルサービスです。
  • 専門オペレーターを派遣
  • 飛行申請から機器保守まで丸ごとサポート
  • 損害保険も充実

サービスメニュー

各種空撮、申請代行、操縦者の教育訓練、機体の点検・修理まで、幅広いサービスメニューをご用意しておりますので、あらゆるニーズにお応えできます。
また、弊社は、国土交通省より日本全国における包括飛行許可・承認を取得しました。これによりドローンによる安全な空撮サービス運用を国内全土で提供することが出来ます。

空撮サービス

当社は、企業グループとして既に実績と強みがある建築、土木、イベント業界を中心に空撮サービスを提供いたします。あらゆるシーンで上空からの写真や映像が必要な際、ドローンを活用すると安価で手軽に空撮が行えます。また、ドローンは、景勝地や建築物を美しく空撮することにも適しているため、観光プロモーション動画、地方PR動画へのご利用もおすすめです。
将来的には更なる飛行実績を積むことにより、安全安心を担保しながら、農業、牧畜業、観光業界、更には映画やテレビ番組、報道映像、スポーツの試合やイベントなど、エンターテインメント業界へも活動領域を拡げていく予定です。

申請書作成・申請代行サービス

ドローンを飛ばすために必要となる、飛行許可および承認申請書の作成、国土交通省への申請手続きを、一括して代行いたします。
(申請内容によっては許可承認されない場合もあります)

上記以外にも、危険区域での作業、各種インフラの巡視点検、災害対策、農林水産業や酪農・畜産への活用、計測・観測、教育訓練、リペアサービスなどにも対応可能ですのでお気軽にご相談ください。

3つの安心

操縦・撮影に熟練した専門オペレーターを派遣するから、品質面も安全面も安心! 操縦・撮影に熟練した専門オペレーターを派遣するから、品質面も安全面も安心!

ドローンによる空撮は、訓練を積んだオペレーターでないと上手く撮影できないだけでなく、事故の危険性も伴います。その点、広友イノテックスでは、JUIDA認定の操縦士・安全運航管理者である専門オペレーターを派遣するため、品質面も安全面も安心です。

広友イノテックスのドローン・オペレーターは全員、JUIDA認定スクールの研修を修了しています。

  • 研修カリキュラム概要
  • UAS理論
  • 法律・ルール
  • 自然科学
  • 技術
  • 運用
  • 整備・点検
  • 安全運航管理
  • フライト訓練 初級
  • フライト訓練 中級
  • フライト試験
フライト訓練の様子 ドローントレーニング修了証
面倒で難しい申請手続きや機体保守も丸ごとおまかせできるので楽で安心! 面倒で難しい申請手続きや機体保守も丸ごとおまかせできるので楽で安心!

ドローンを使用する際は、操縦・撮影以外にも、法的な申請手続きや機器のメンテナンスなど、様々な作業が必要になります。それらを丸ごとお引き受けしますので、ドローンを使うのが初めての方でも安心してご利用いただけます。

ドローンを使う場合の一般的な流れ

ドローンを使う場合の一般的な流れ

Step.1 ドローンの調達 矢印 Step.2 飛行・承認申請 矢印 Step.3 操縦・撮影 矢印 Step.4 点検・修理
すべて、広友イノテックスにお任せください! 矢印 すべて、広友イノテックスにお任せください!
各種損害保険も充実しているから、「もしも」の時も安心! 各種損害保険も充実しているから、「もしも」の時も安心!

ドローンを利用する際、懸念となる事故のリスク。その点、広友イノテックスのドローン・オペレーティング・サービスは、三つの損害保険に加入しているため、「もしも」の時も安心です。
※保険の詳細については、お問い合わせください。

  • 動産総合保険【補償内容】墜落や空中での他物との衝突、落雷など偶然な事故によって生じたドローン損害。
  • 施設賠償責任保険【補償内容】ドローンの所有、使用または管理に起因して、業務活動上の不注意で発生した偶然な事故により、他人に身体障害や財物損壊を与えた場合に、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害。弊社は、てん補限度額・身体財物共通3億円に加入。
  • 生産物賠償責任保険【補償内容】ドローンの販売に起因して、商品が他人に引き渡された後、販売したドローンの欠陥により発生した偶然な事故により、他人に身体障害や財物損壊を与えた場合に、法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害。

取扱製品

Phantom 3 Professional

Phantom 3 Professional スペックを見る

(メーカー公式サイトが開きます)

YOROI

YOROI スペックを見る

(メーカー公式サイトが開きます)

よくある質問

費用はいくらくらいかかりますか?
A.フライト場所や高度、あるいはフライト時間・回数、加えて気象条件等の詳細フライトプランを基にお見積もりさせて頂きますので、お問合せ下さい。
オペレータを派遣してもらえる地方は決まっていますか?
A.特に定めておりませんので、日本国内であれば何処でも派遣可能です。ただし、海外ロケに関しては、非対応となります。
ドローン本体だけレンタルしたいのですが可能ですか?
A.基本的にドローン単体でのレンタルサービスではなく、操縦オペレータの派遣込みでのサービスとなっております。ただし柔軟に対応致しますので、お気軽にご相談下さい。
ドローン本体の購入は出来ますか?
A.購入可能ですので、お問い合わせ下さい。
都市部で空撮を行いたいのですが、可能ですか?
A.地域によって飛行できる場所に制限がありますので、お気軽にご相談下さい。飛行可能な場所においても国土交通省への飛行申請や管轄警察署、各自治体への届出が必要になる場合がありますので、注意が必要です。
撮影した映像の納品形態と編集作業について
A.撮影した映像については、SDカードからお客様パソコン環境へのデータ渡し納品となりますが、ご希望があればCD、DVD等、メディアでの納品も可能です。また、現時点では自社対応できませんが、今後、映像や音声編集業務も対応出来るように準備を進めております。
予約していた日の天候が悪かった場合、別日に変更はできますか?
A.事前に「撮影予約日追加オプションサービス」を購入して頂ければ、予めお伺いしたご希望の日時での対応が可能です。
ドローンが飛行出来ない条件はありますか?
A.雨天、降雪、強風下(風速5m/s以上が目安)では基本的に飛行することは出来ません。また、弊社オペレータ、スタッフが現地で特に危険と判断した場合も飛行することが出来ません。
国土交通省等に飛行許可承認を取る必要はありますか?
A.2015年12月10日にドローン規制の改正航空法が施行されました。これにより、ドローンを下記条件で飛行させるには国土交通省や、場合により各空港事務所それぞれにあらかじめ許可を受ける必要があります。
許可が必要な場所等、詳細は国土交通省の関連webページを参照下さい。
(http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html)
弊社ではすでに撮影の実績を重ねており、更には撮影頻度も高い為、国土交通省への都度の申請を不要とする全国包括飛行許可を取得しております。こちらの包括許可により、特定の条件下でドローン撮影をする場合には申請の必要がなくなりました。
しかしながら国土交通省への許可申請の他に、撮影場所によっては、所轄警察や防衛省、あるいは私有地管理者からの許可や届出は必要となる場合がありますので、事前の確認をお願いしております。また撮影の条件により別に申請が必要になる場合もありますので、なるべくスケジュールには余裕をお持ちの上、詳しくはお問い合わせ下さい。
撮影中に衝突事故などが起きてしまった時は?
A.弊社では3種類の損害保険に加入し、ドローン機体の損害、偶発事故による他人の身体や財物の損害、およびドローンの欠陥による他人の身体や財物の損害を補償金額内で対応することが出来ます。

※印の項目は必ず入力してください。

お名前
ふりがな
会社名
TEL - -
メールアドレス
メールアドレス(確認)
見積もり依頼/ご質問
トップへ戻る